【保存版】最初の離婚相談は誰にすればいい?

弁護士行政書士?最初の離婚相談はどちらにすればいい?】

こんにちは。

離婚を考えるとき、ほとんどの方が離婚未経験者です。

なので、どう進めていいかわからずに不安になりますよね。

誰かに相談したくても、誰に相談をすればいいのかさえ分からない、、。

そんな方は多いのではないでしょうか?

離婚相談ができると思われる専門家はたくさんいらっしゃると思いますが、

ここでは、日経新聞さんでも挙げられているように

離婚相談の専門家として比較されやすい弁護士行政書士について、

最初の離婚相談の相手としてどちらが良いか?という視点でお伝えしてまいります。

本日は、そんな方の参考になればと思い「日本経済新聞」さんの記事をポイントのみ抜粋して紹介させて頂きます。

記事の内容が気になる方は、下にリンクを記載しておきますのでご確認くださいね。

■ポイント

①ほとんどの方(約9割)は協議離婚。

 離婚をされる方のほとんどの方は、協議によって離婚します。夫婦もしくは、どなたかの立会いの下で離婚条件などを決め離婚に合意されているということです。

 そして、近年協議離婚をされる多くの方は「離婚協議書」や「離婚公正証書」を作成します。

 【補足】離婚を考える9割ほどの方が、「大事にしたくない。」「揉めたくない。」「費用がない。」などの理由で裁判や調停を望まれていません。

②離婚問題における弁護士と行政書士の違い

 弁護士  :裁判の代理人になれる。紛争にかかわれる。交渉ができる。 費用:50万円~

 行政書士 :夫婦双方の希望を聞き、離婚協議書(公正証書)を作成する。費用:4万~10万ほど

 夫婦間での協議が平穏にできうる状態であれば、行政書士に依頼した場合のほうが経済的負担は少ない。

 ただし、協議途中で「口もきけない状況」等の紛争になった場合は、弁護士の協力のもと調停や裁判を検討する

【補足】

 事務所によっても差異が大きいですが、一般的な傾向として「1つの弁護士事務所で扱う離婚問題の件数はそれほど多くありません。」その理由としては「敷居が高い」「調停や裁判になる方は1割にも満たないので、相談件数自体が少ない。」というものが考えられます。

 一方で、「身近な街の法律家」として幅広い法律相談を受けている行政書士は、専門分野にもよりますが、少なくとも「離婚を考えている。」「離婚を迷っている。」という初期段階の相談は数多くお受けし実績も多い傾向があるようです。

 

【結論】

 現時点で夫婦間が「口もきけない」「話ならない」「暴力的」等、協議が成立する見込みがほとんどない場合は、弁護士への相談が望ましいです。

 そうでなければ、経済的な負担も考慮すると、少なくとも「最初の相談」は行政書士へ相談されることも一案である。と日経新聞さんの記事は締めくくっています。

【参考リンク】https://www.nikkei.com/article/DGXNZO63794610Z01C13A2EL1P00/

 当然ながら、弁護士さんが「離婚にまつわるすべての法律事務が代理できる頼もしい存在」であることは間違いありません。

 弊所では、相談をお受けする中で適宜、信頼する弁護士さんを紹介させて頂いておりますのでご安心くださいね。

もし、少しでも離婚をお考えでしたら、お気軽にご相談くださいね。

↓こちらをクリック↓

無料相談はこちら